電子書籍 > 一水社 > せいかつ指導【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年12月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数16
ジャンル

作品内容

実はロリもの描きたくて、
スランプに陥ったこともあるかも知れない豪の者、木谷椎。
念願のロリコミックです!
長年の夢と怨念と情念の詰まった、ハードなエロリ表現に感動せよ!

おうちが貧乏でお金が無いのに、
奉仕活動にあまり熱心ではない「七海くん」は罰を与えられることになりました。
そのご奉仕とは・・・学費免除の為に先生たちとHするという、禁断の活動なのです!
流石2次の妄想ならではの極展開!
でも初めてがデカチ○ポでガンガン突くだけの人だったので、
七海くんはまだHが気持ち良いものと考えていないようなのです。
なので罰といいつつ、Hで気持ちよくなれるよう、適切な指導が必要なのでした。
七海くんが○学生でもイク事が出来るように、先生が責任とって指導するからね。
と、両腕拘束され、大股開きの股間にひたすら吸い付き舐め回されます。
くすぐったくもじれったい感覚の中、ついに達する可愛い七海くん!
次はローター責めでじっくりなじんだところに挿入です。
勿論一気にはいきません。
じっくりゆっくり、大人のチ○ポの大きさ・形・質量感が感じられるよう、挿入していくのです。
奥まで入れただけでイってしまっても、最低あと5回はイカないと帰さないよ?
かくして優しく激しい大人チ○ポのお蔭で、Hの気持ち良さを学べた七海くんは、
これからも先生の指導に期待するのでした。

※この作品はぷにぺどっ!!に収録されている作品の単話配信です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ067610
ファイル名/ファイル容量
BJ067610.zip / 8.91MB (9346493Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「せいかつ指導【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件