電子書籍 > 茜新社 > ろりとぼくらの。

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年12月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数238
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

同じ大学に通う赤井と山崎はごく普通の、
どこにでもいるような「ロリコン」として怠惰な生活を送っていた。
しかしふとしたきっかけでロリータへの妄想がイタズラの行動へとエスカレートし、
いつしか後戻りのできない「ロリレイプ行脚二人旅」へと突き進んでいくのであった…。
(「ろりともだち」より)

ロリータ漫画専門誌「COMIC LO」掲載時からネットやツイッターで大反響を巻き起こした
超話題作「ろりともだち」や、ネット流行語にもなった「らぶいずぶらいんど」など、
1作1作の質量がデカいクジラックス初作品集。
単行本化にあたっては、原稿の加筆修正に加え「ろりともだち」の追加エピソードを新たに描き下ろしにして収録。
ロリータ漫画としての実用性をしっかり備えながらどこか飛びぬけた面白さをも含んだところ等、
美少女漫画ファンから熱狂的な支持を得ているクジラックスの世界が凝縮された1冊です。

収録作品:
「がんばれ便所飯くん」
「らぶいずぶらいんど」
「さよなら姦田先生」
「J●えっち講座 女●ルーム編」
「ろりともだち」
「学祭ぬけて」
「学祭ぬけて番外編 ニコニコ♪ ゆなちゃん」
「ロリ裁判と賢者の石」
「まなでし!」
「ろりともだち番外編 夏休みの少女達」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ066978
ファイル名/ファイル容量
BJ066978.zip / 144.79MB (151820904Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ろりとぼくらの。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

高水準ロリ作品集

2017年01月11日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

和漢から強姦まで幅広く揃えつつ、ストーリー展開や発想が上手く印象に残る話が多いです。
最初の便所飯の話、次の盲目男性の話、中盤の裁判の話は導入展開オチと特にインパクトが強かったです。
ストーリーの面白さに加えて、画力の高さで実用性も十分以上に備えているお勧め作品集です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

二律背反な世界観の、切れ味鋭い・重厚な一冊。

2016年08月17日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

”クジラックス”先生の描きたい”ヒロイン像”が、まず
あって、それを表現する為には、ストーリーをこうせ
ざるを得なかったのではないか、と、読んでいて感じ
る、短編九本と、後日談的描き下ろし一本が収められ
た自身初の作品集。
印象的な収録作品は、道で困っていた男性を、助けた
ヒロイン。会話の中で言った些細な”嘘”から・・・な
「らぶいずぶらいんど」。
日常と非日常との”境界線”を浮かび上がらせる、その
ストーリーは、愛らしいキャラクターデザインのヒロ
インとは”二律背反”な、ダークな”色彩”を帯びていて
”クジラックス”先生の世界観を、読み手に提示します。
重厚な読後感が味わえる、切れ味鋭い一冊。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]