({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

「まさか、私が痴漢に遭うなんて…」

満員電車の中、突然痴漢にあった人妻・奈央。
執拗な行為にいつの間にか下半身はびしょ濡れに!
翌日の通勤電車、彼女の前で下着をズリ下ろされ、
昨日の痴漢にチ○ポを挿入されるJKが!
驚きを隠せない奈央だが、頭からはその光景がこびりついて離れない…。
「私もあんな風に…、犯されたい…!」
いつしか奈央は痴漢されるのをひたすら電車で待つようになり、
何周も、何周も姦状線を廻り続ける。そしてついに…。

――アソコに指を入れられて、無理やりチ○ポを押し込まれ…。
「お願い、挿れて下さい…」
仕掛けられた巧妙な罠に気づかず、人妻は堕ちていく…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「人妻姦状線 ~毎朝8時30分の電車で、知らない男に挿れられています~ (2)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件