電子書籍 > 海王社 > 淫獄の皇姫ディートリンデ > 淫獄の皇姫ディートリンデ【第6話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年11月14日
シリーズ名淫獄の皇姫ディートリンデ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「ク…クリスタルをご覧の皆様。今から皆様の前でオ…オナニーをしてイッて…みせますので
ディートリンデ・フォン・ヘルゲ・エルフリーデがは…恥をさらすところをお楽しみください…。」

禁断の古代魔道生物──女性に寄生し、宿主を強制的に発情させ、精液を求め快楽に狂わせる『淫蟲』。
淫蟲に寄生されてしまったディートリンデは、アルブレヒトのたくらみにより調教を施されていく。
大勢に見られることを想像して達してしまうまでになった彼女に課せられる更なる羞恥――
メス豚小屋でお尻を壁の向こうにむき出しにする『壁尻』が行われる!
「人としての尊厳を…踏みにじるモノだ!」
抵抗むなしく行われる調教だったが、顔も知らない男の『精液』を受け入れていくうちに…。

皇国の守護者と讃えられるディートリンデの運命は!?
エルフリーデ皇国を舞台に、エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが描く魅惑のシリーズ第6話!!

「マガジンサイベリア Vol.081(BJ066799)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ066803
ファイル名/ファイル容量
BJ066803.zip / 14.01MB (14694218Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.081(BJ066799)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫獄の皇姫ディートリンデ【第6話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件