({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 broiler
出版社名 文苑堂フォローする
レーベル COMICエウロパ
販売日 2015年11月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数18
ジャンル
ファイル容量
7.69MB

作品内容

妹の陽毬ちゃんは、お気に入りのローラー付きスニーカーを履いてスイィーと路上を滑走、ご機嫌だ。
兄の「こら危ない」の注意も聞かず止まる気配のない彼女は、
むしろ日頃から何かと世話焼きな兄を煙たがるように、
バック走法で兄から距離を取る始末。しかしそれがいけなかった。
彼女の後ろには下り階段が待ち構えていて、哀れ陽毬ちゃんは奈落の底へ…
ではなく階段の一番下まで落っこちてしまうのだった。

病院から帰ってきた陽毬ちゃん、右手の甲と腕にはギプス、
左手は腕全体を肩から包帯で吊るしている。
その後、食事が上手くいかず辟易する彼女だが、陽毬ちゃんはさらなる試練に気づく。
それもトイレで。片手で用を足す困難を、茫洋たる思いで受け止める彼女。
しかしまだまだ試練は続く。
「おしっこ終わったかー?」目の前には兄のニヤついた顔。
陽毬ちゃんは、トイレのドア鍵を掛け忘れるという失態すら忘れ、驚愕するのであった。

「COMICエウロパ vol.3(BJ066289)」に掲載されている作品です。

注意事項

「COMICエウロパ vol.3(BJ066289)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「Give Give Gips」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件