電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 洋館の母娘 蜜肌のW報酬

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

母の肉感的な熟肌 娘の瑞々しい美体

古風な洋館で待つのはめくるめく淫靡な艶体験!
家庭教師として訪れた邸宅に住む美貌の母娘は、
Gカップのグラマラス体形に妖艶な雰囲気を纏う美母と、
スリムなモデル体形の勝ち気な美少女。
「まあずいぶんご立派なもの。こういう報酬はお嫌かしら?」
熟肌を堪能していると、娘も瑞々しい柔肌で誘惑してきて――

日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第154弾!

<登場人物>
●田島 康平
(たじま こうへい)
大学一年生の童貞。
教師になることを目指している純朴な青年。
友人から紹介されて桐原家で住み込みの家庭教師を始める。

●桐原 佳織
(きりはら かおり)
上品な容姿ながら、白い肌、豊かな乳房により
妖艶な雰囲気を纏う三十代後半の美女。
年齢よりも若々しく見える社長夫人。
夫が多忙のため身も心も寂しさを感じている。

●桐原 沙良
(きりはら さら)
佳織の一人娘の高校○年生。
高飛車で生意気な性格ながら根は素直。
美しい艶に彩られた長い黒髪、切れ長の黒瞳の怜悧な美貌。
モデル顔負けのスレンダーな肢体を持つ。

<目次>
第1章 洋館の貴婦人 報酬は熟れた女体
第2章 秘密の花園 禁断の野外姦
第3章 深窓の令嬢 勝気な初体験
第4章 背徳の書斎 被虐の目覚め
第5章 開かずの間 妖美なW調教
第6章 洋館の母娘 蕩ける3P
エピローグ これからも母娘は僕の恋人

作品情報/動作環境

作品番号
BJ065871
ファイル名/ファイル容量
BJ065871.zip / 6.26MB (6567734Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「洋館の母娘 蜜肌のW報酬」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

人妻(2) 中出し(2)

おすすめ!あまあま母娘調教!?

2015年11月28日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

娘のために体を張って主人公を引き止める成熟した肉体を持つ妖艶な母。
それに溺れていく中、惹かれてもいくがその関係を誤解した娘が母を守ろうと主人公を誘惑。
しかし次第に……な定番なれどおいしい展開!

当初は童貞ゆえ翻弄されていた主人公だが次第に妖艶な人妻を虜にしていき、
それで鍛えたテクニックが初な娘を翻弄する展開もまた王道なれど、だがそれがいい!
そして母娘丼モノなれどどこか甘い雰囲気も漂う一作です。
とくにお嬢様が可愛いです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!王道の母娘丼作品です

2015年10月29日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

母娘丼が得意な天草白先生の新作です。

シチュエーションとしては定番ですが、
最初から誘惑全開のセレブ奥様、傲慢高飛車なお嬢様(処女)、
どちらもキャラが立っており、飽きずに最後まで読むことが出来ました。
勿論Hシーンも濃厚なので、母・娘とも食い足りないということはありません。

夫の出番が実質無いため(多忙かつ外に愛人を作っているため滅多に屋敷に帰ってこない、という設定)、
濃い寝取り成分を期待する人にはやや肩すかしかもしれませんが、
その分安心して読める王道の母娘ハーレム物です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]