電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > イセリア英雄戦記 > イセリア英雄戦記8

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

ついに目覚めた魔王は、完全なる復活を目指すべく、
各地の地下迷宮メイズの封印を解放へと動き出す。
セリーヌとフィオナを始めとするイセリア英雄公国の仲間たちは、
それを阻止しようと各地へと向かうのだが、
そこではまたしても陰惨なる陵辱が待っていた!

メイズのあるクアール湖に向かうフィオナは、
その道中、クレオラ砂漠都市のジュダ王子の玩具として、
その豊満かつ可憐な身体を好き勝手に嬲られる。
さらには古の島パイラバイラでは、
島の掟により、島民に捕まり、性奴隷として身体中を犯されてしまう。

フェイエン武踏会の遥か東にあるメイズを封印する神社には、
セリーヌが向かうが、そこは淫祇邪教の襲撃を受けていた。
淫祇邪教の攻めについには神社は陥落してしまい、
封印を護る巫女のホカゲとともに、セリーヌは陵辱を受ける。
そのまま彼女は淫祇邪教に囚われの身となり……!?

また、淫祇邪教に囚われ、魔王の母体となったアリオナ女王は、
バーンドベルグ帝国の皇帝ギュスターヴへの奉仕や、
犬との交尾を強要され、惨めな性奴隷へと堕ちていく……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ065499
ファイル名/ファイル容量
BJ065499.zip / 12.53MB (13140463Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

イセリア英雄戦記8の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「イセリア英雄戦記8」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女王様/お姫様(2) ファンタジー(2)

乱れる女王と抗う姫

2015年11月21日  

このレビューは参考になった×0人

二次元ドリームマガジンの超長期連載の第8巻です。この巻では29話~32話までと
書き下ろしのボーナストラック1話分が収録されています。表紙を飾るアリオナ女王と
フィオナ姫の二人がメインですが、別行動を取っているセリーヌの方も、邪教を相手に
いろいろと性的なピンチに直面してしまいます。

また読者が考案したキャラクターも登場し、ますますストーリーが盛り上がっていきます。

雑誌掲載時に比べて、セリフや地の文の表現が微妙に加筆、修正されていて、実用性が
増したような気がします。
購入者特典も大ボリュームの書き下ろしIFルートなので、連載だけを追っていたひとも
購入する価値があると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!表紙を飾る王族の母と子がメイン

2015年10月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

雑誌連載のリレー小説を収めた単行本です。

清楚可憐でありながら、
恐らくは産みの親よりも経験豊富となってしまった王女。
そんな娘に勝るとも劣らないほど魅惑的で、
魔王の母体となってしまった実母の女王。
表紙を飾る王族母子の痴態がメインの巻です。

新キャラで本作には珍しいツルペタピュアボディの巫女や、
メインキャラクターのクール騎士がヤられてしまう話もありますが、
ボリュームの比率で言えば、母子の濡れ場の方が多いです。

単行本書き下ろしであり、
購入特典ではガッツリ(単行本収録分の約2倍の80P弱)書かれている
ボーナストラックも王女と女王がヒロインのものでした。
もっとも、「絶対に屈しません」と言い張る娘が
あの手この手でヤられるシーンの方が多めです。

粗暴で好色な悪の男たち、
不倶戴天で騒乱と不幸の元凶の皇帝、
邪悪な魔王の手によって、
惨めにいやらしく攻め立てられるヒロインの様子は、
シリーズの他の巻同様、興奮を煽ります。

獣姦要素や破廉恥なおねだり姿も盛り込まれていて、
落ちぶれたキャラの落ちぶれた感が非常に出ており、
その意味でも楽しいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]