電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ハーレムフェイク

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

元浮浪者!? 影武者ウッド、表舞台へ!!
絢爛華麗な美女たちと籠城戦!

【シリーズ50作&10周年突破記念作第二弾!】
記念企画として巻末には描き下ろし小説
『ハーレムキャッスル外伝 側室希望の少女』を収録!

天涯孤独となった浮浪者ウッドは
姿があまりにそっくりだとサラミス領主ダードリーの影武者に選ばれた。

不況、弱小の城をほったらかし
遊んでばかりいるダメ領主のダードリーと
あちこちから彼のために集められた美女ハーレム。

代々使える女騎士セルシオーネも
ギャンブレーの娘で許嫁のマルガリータも呆れて彼を相手にしない……。
そんなダメ領主の城にレナス家オグミオス将軍が攻めてくると
誰よりも早く美女たちを捨て置いて姿を晦ますダードリー!
領主を失い絶望的な状況にウッドはホンモノとして立ちあがり、
彼女たちを救うことができるのか!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ065496
ファイル名/ファイル容量
BJ065496.zip / 18MB (18871639Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ハーレムフェイクの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ハーレムフェイク」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

ハーレムシリーズ

2015年11月08日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

ハーレムシリーズの新作です。今回は主人公が領主の影武者となり、領主のハーレムといいなずけを乗っ取るものとなっています。領主の許嫁がのキャラが花魁言葉で、絵もイメージ通りなので大満足です。巻末にハーレムキャッスルのショートストーリーと挿絵があります。Hiviki Nさんの絵が好きなら購入すべし。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!影武者から本物へ

2015年10月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

10周年を迎え、なおも展開中の「ハーレムシリーズ」の1作となります。
開始時点で、ある程度の地位にいる主人公が多い本シリーズですが、今作は主人公が元々浮浪者であり、あくまで領主の影武者にすぎないという点で、少々異質とも言えます。
……が、あらすじの通り彼は本物になり替わることとなり、タイトルに恥じないハーレムを作り上げました。

表紙の通り、挿絵が非常に魅力的で、どれも質が高いです。
ヒロイン達も巨乳が多く、終盤の複数プレイで乱れる様が圧巻でした。

そして何よりそそられるのが、巻末に収録された「ハーレムキャッスル」の外伝です。
ハーレムシリーズの記念すべき1作目は、今なおその魅力を失わず、Hiviki N氏の美麗な挿絵にも、さらに磨きがかかっていました。
外伝では本編でスポットの当たっていなかったメイドをメインに据え、短いながらも濃密な内容です。
あの巨乳女王グロリアーナと巨乳王妃クシャナも参戦しており、2人の巨乳の競演がたまりません。

総評として、どちらも質の高い2つの物語、そして2種類の美麗な挿絵が楽しめる傑作でした。
どちらか片方だけでも充分に購入する価値がありましたが、2つが同時に読める分、金額以上の内容になっています。
「ハーレムシリーズ」のファンの方、そうでない方も、必読の1冊です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]