電子書籍 > 海王社 > 淫獄の皇姫ディートリンデ > 淫獄の皇姫ディートリンデ【第5話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年09月19日
シリーズ名淫獄の皇姫ディートリンデ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数25
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

禁断の古代魔道生物──『淫蟲』。
それは女性に寄生し、宿主を強制的に発情させ、精液を求め快楽に狂わせる恐るべき代物だった!

淫蟲に寄生された皇姫ディートリンデはエーリッヒに淫蟲対策を名目に、調教を施される。

「淫中患者保護施設」――通称「メス豚小屋」送りとなったディートリンデ。
そこにはすでに快楽に堕ちきった皇国十英傑のひとりであるミリアムがいた。

飼育員に体調のチェックと称して浣腸をされ辱められていく。
さらにミリアムも加わり、恥辱行為は凄惨を極めるのだった。

快楽地獄のなか「メス豚宣言」までしてしまったディートリンデの運命は!?
エルフリーデ皇国を舞台に、エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが描く魅惑のシリーズ第5話!!

「マガジンサイベリア Vol.079(BJ063721)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ063729
ファイル名/ファイル容量
BJ063729.zip / 14.99MB (15722724Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.079(BJ063721)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫獄の皇姫ディートリンデ【第5話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件