電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > カエルの怨返し【単話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

部屋に現れた雄と雌の大きな蛙。
まるで化けて出てきたような対の大蛙は
伸ばした舌で子宮を舐め回し、
大量の子蛙を出して乳首やクリも同時責め!
身体中を這いまわる両生類に粘液塗れの彼女。
大量の卵を中に出され、
立て続けに挿入してきた雄には精液をぶちまけられ、
屈辱の異種族受精に絶頂し──。

※『二次元コミックマガジン 水棲生物に犯されるヒロインたち Vol.1』に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ063148
ファイル名/ファイル容量
BJ063148.zip / 14.65MB (15363658Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「カエルの怨返し【単話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件