({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年09月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル
ファイル容量
9.85MB

作品内容

女子大生の菜々ちゃんがよく行く定食屋は、
夏の間だけ近くの海岸で出張営業、つまりは「海の家」を開いていて、
彼女は常連のよしみでその海の家でアルバイトをすることに。
しかしその海の家は、海水客の集うビーチからだいぶはなれた場所にあり、
菜々ちゃんは閑古鳥の鳴く店内でヒマを持て余す始末。
すると店長が菜々ちゃんに提案をする。彼女に水着で接客してほしいというのだ。
困惑する菜々ちゃんだが、客が来なければバイト代も発生しないという店長の弁も道理で、
彼女は恥ずかしながら水着へと着替え、SNS等による情報の拡散を狙う店長の指示に従い、
「本当にこんなんでお客さん来るのかなあ?」と懐疑的ながら水着姿をさらして被写体へ。
店長はその姿をウェブにアップするべく、スマホを向けてシャッター音を鳴らし続けた。

数刻後、果たしてネットの効果は絶大で、海の家は大盛況!
菜々ちゃんは、かわいいじゃんとスマホを向ける男性客たちに途惑いながらも、
なんとか接客をこなすのだった。

それからというもの、海の家では忙しい日々が続き、
接客に精を出す菜々ちゃんは、繁盛するならそれで良しとご機嫌だ。
しかし営業時間が終わり、水着から平服へ着替えようと更衣室に入った彼女は、
「ん?」とある異変に気づく。
更衣室の壁に、小さな穴を見つけたのだ。

「COMICエウロパ vol.2(BJ062730)」に掲載されている作品です。

注意事項

「COMICエウロパ vol.2(BJ062730)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「夏の性」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件