電子書籍 > フランス書院 > 若妻美奈と少年 夫が知らない白昼の痴態

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年08月29日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数253
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

聞かせてあげる。見せてあげる。触らせてあげる。
私のオナニーと、××の写真と、濡れたパンティを……。
夫が出勤後、電話ではじまった若妻と少年の性戯。
肉の交わりさえなければ夫を裏切っていないと思ったのに、
美奈の若く熟れた痴体は、倒錯と魔に魅せられ狂った!
少年と父親に前も後ろも抉られ溺れる姿を夫が知ったら……

作品情報/動作環境

作品番号
BJ061252
ファイル名/ファイル容量
BJ061252.zip / 1.79MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「若妻美奈と少年 夫が知らない白昼の痴態」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件