({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年08月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数239
ジャンル
ファイル容量
1.79MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

男の指が太腿を這い、恥肉が息づく股間へ近づく…
…ガーターからのぞく恥丘には紐のような下着があるだけ。
しかも粘りと甘い牝香をまき散らす蜜の洪水だった。美也子は待っていた。
通勤電車で触れてくる一人の痴漢を。
いけない、恥ずかしい、私は人妻なのに……理性や羞恥心を上回る密かな愉楽に、人妻社員は牝になった。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「人妻が啼いた痴漢通勤」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件