電子書籍 > 三和出版 > ショタハンティング

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年08月11日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数189
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

【少年狩り解禁!!! 狙った獲物は必ずハメ倒す!!!】
精飲・中出しOKの肉食女子が勢ぞろい★

作品情報/動作環境

作品番号
BJ060468
ファイル名/ファイル容量
BJ060468.zip / 106.99MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ショタハンティング」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ショタ(2) 年上(2) 巨乳/爆乳(2) むちむち(2) 中出し(2)

おねショタ物

2017年11月14日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

肉食系のおねがショタを食べちゃうかんじの作品が集まった単行本。
女の子がむっちりしてて密着感がある。
腹筋がバッキバキな子が2人。
陥没乳首の子も2人いて、乳首が勃起して乳輪の中から出てくるところもよかった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

大きめおねえさん

2016年09月07日  

このレビューは参考になった×0人

全編で男はショタです。
女性は姉や母(近親)、先輩などお姉さんばかりです。

体格差がしっかり描かれてますので、
合体したときの抱擁力というか包まれる感はいいと思います。
そうして行為におぼれる内にショタの旺盛な性欲と攻めに逆転されていくお姉さんがイイですね。

おねショタ、女性上位、からの逆転、あまあま、
これらがお好きなら楽しめると思います。
一部に子宮姦といった特殊なプレイがあるので注意です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!大きなお姉さんに食われたかと思ったら窮ショタ猫を噛む

2015年08月12日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×1人

ほとんど相互に関連の無い短編の詰め合わせではありつつ、傾向として一貫した共通点があります。
本作がと言うより、もはやユウキレイ先生の代名詞「お姉さんがショタを犯す」が炸裂しています。
なお、"ほとんど"とは短編中の2割が『はいあんどろー』シリーズである事を指しています。
前単行本「ショタイーター」に収録されていた分から数えて2話と3話に当たり、個人的には待ちに待った続編でした。
嬉しさ余って『はいあんどろー』のレビューになりかねない上に、ネタバレかましてしまいそうなので簡潔に纏めると「堂島える一家最高」です。
それを含めて他収録作にも同様に言えるのは大きなお姉さんと小さな少年の攻防戦です。
年上の余裕・体格的な優位性・豊満な色気で攻勢を強める女性陣に対して、少年側は劣勢を強いられるものの、体格に似合わぬ立派なイチモツ・若さゆえの奇襲・可愛げのある一途さを武器に反撃の場面も見られます。
半ばSっぽく責め立てていたお姉さんが不意に相貌を崩して乱れる様子はギャップ萌えと征服感の両面で興奮が高まりました。
男の方が大柄なんてお呼びじゃない、年も背も女性が上に限ると言う人にお勧めです。

蛇足ですが、『はいあんどろー』シリーズを増筆して、それオンリーの単行本を出して欲しい願望が湧き上がった1冊でもありました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]