電子書籍 > 文苑堂 > Hな歩みより ~いじめっ子の義母が、お詫びに体で…~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年07月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル

作品内容

学校でイジメにあっている密永くんは、今日も体にすり傷をこしらえてトボトボとひとり下校。
そこに見知らぬキレイな女がぬっと現われ、彼を呼びとめる。
女は、自分はイジメっ子の母親であると身をあかし、まずは謝りたいと密永くんに頭をさげると、
困惑気味の密永くんにたいして言葉をつづける。
すると密永くんの表情は、困惑から驚愕のそれへと変貌。女は一連の問題をお金で解決したいと申しでたのだ。
ふざけるなと怒鳴る密永くんは服をめくって、イジメでできたおびただしい数の体傷を見せる。
女は驚き、改めて事態の深刻さを痛感したかのように密永くんの手を取って、公園のトイレへ招きよせると、
しゃがみこんで携帯していた絆創膏で彼を手当てするのだった。
さすがにバツの悪い密永くんは、複雑な面持ちで目を左右にするが、
ふと視線を下に向けると、そこには、女が巨乳であるということを充分に想像させるような、
吸いこまれるような胸の谷間が覗いていて、彼は顔を真っ赤にして目をそらす。
そんな密永くんの密かな感情を察知した女は、彼を個室へ押し入れて後ろから抱きよせると
すでに熱くなっているであろう股間をまさぐり、こう口にするのだった。
「エッチなことしますから、これで…示談に…」
そうして女は、密永くんの怒張したペニスをむきだしにすると、
その大人の色気を象徴するような形のよい口で包みこみ、
クチョクチョと音をたてながら上下させるのだった。

「COMICエウロパ vol.1(BJ058813)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ058818
ファイル名/ファイル容量
BJ058818.zip / 7.87MB (8255783Byte)
注意事項
「COMICエウロパ vol.1(BJ058813)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Hな歩みより ~いじめっ子の義母が、お詫びに体で…~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件