({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年08月21日
シリーズ名【フルカラー成人版】必殺痴漢人【分冊版】
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数62
ジャンル
ファイル容量
20.3MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

【フルカラー62ページ】
朝の混雑した電車の中、花音は痴漢を目撃する。
擦るというレベルではない。服は剥がれ、パンツを摺り下ろされる激しい痴漢。
それに気付くのは花音だけだったが、他の人に知らせることも出来ずただその光景を見つめるばかりだった。
痴漢が射精を終え、電車から降りて行く時に痴漢と目が合う花音。
花音は痴漢の顔を見てしまったという恐怖と期待が綯い交ぜになった感情を覚えるのだった。
その日の帰宅時、夕暮れの人気の無い車内。
席に座る花音の前に朝の痴漢の姿。花音は声も出さず、その男のなすがままにされる。
「あぁ、私この男に痴漢されるのね…」 尻、胸、股間。
花音は、弄ばれて絶頂、放尿に至ってしまうのだった。
へたり込む花音をそのまま置き去りにする男…。

※この作品はウィルクリエイション版「必殺痴漢人<完全版> 第一話」を分冊・再編集しております。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「【フルカラー成人版】必殺痴漢人 第一話【分冊版】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件