({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

【描き下ろし漫画付き!】

売れっ子オカルト小説家・宇佐美マリアのもう一つの顔は、
常識から逸脱した事件を専門にする怪奇探偵。
自作の発明品を駆使し、警察の手に負えない事件をこれまでいくつも解決している。
そんな彼女のもとに、知り合いの警部から、新たな調査依頼が持ち込まれた。

事の始まりは、とある暴力団による監禁陵辱事件。
被害者の女性を穢していた体液から、地球上のいかなる生物の
ものとも合致しない、未知のDNAが検出されたのである。
しかも、取り調べ中に容疑者全員が突然昏睡状態になり、
いまだ目を覚まさないという、おまけつき。

そこで白羽の矢が立たった美少女怪奇探偵は、
監禁陵辱事件との関連が疑われるマジシャンの私設劇場への潜入調査を決めたのだった……。
これを皮切りにマリアは、人間に取り憑く正体不明の怪淫生物との戦いに身を投じてゆく。
公開調教、衆人環視オナニー、強制発情触手責め、
ふたなりレズ、凌辱プロレスなどなど、
マリアは事件調査のたびに、爆乳をなぶられ、股間を穿たれてしまう。
美少女探偵VS怪淫生物の結末はいかに!?

さらに、イラストを手がけたこうきくう先生による8ページ描き下ろし漫画を収録。
小説本編と異なる結末では、マリアさらに激しい触手責めに!!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「爆乳バニー宇佐美マリア 美艶探偵の怪淫事件簿」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件