({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年07月26日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数319
ジャンル
ファイル容量
19.6MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

莉緒「あむ、はむ……よい目覚めだな、公太」
桜恋「おはようございます、公太さん♪」
雛子「こーくんの美味しい! ペロ!」
朝、目が覚めると──下半身ではトリプルフェラ!?
普通なら嬉しいシチュエーションだが、
如何せん、三人のヤンデレ度を知っているだけに油断はできない。
「うむ、これが公太の味か」「あ、ずるい!」
先走りの汁欲しさに、莉緒が先端を吸い上げれば、負けじと、雛子が袋を咥えこむ。
「おどきなさい! 今度は私の番ですわ」
莉緒をどかして、桜恋が舌を思いきり伸ばして、わざとフェラ顔を見せつける。
……さっそくケンカが始まってしまった。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ヤンデレ学園ハーレム天国」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件