電子書籍 > 茜新社 > Girls forM > Girls forM Vol.6

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年07月18日
シリーズ名Girls forM
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数310
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「おとなしく搾らせろv」
逆転なし!
ドMシチェーション限定コミック誌!!

表紙…宮元一佐
【巻頭カラー+モノクロ】
atahuta …「My Sadistic Lady」

豆…「ダブルエスサイズ #3」
源五郎…「割れ鍋に綴じ蓋」
丸居まる…「お兄ちゃんと子作りし隊!」
大嘘…「Olfactophilia-オルファクトフィリア-」
まぐろ帝國…「MISSIONARY POSITION」
紅唯まと…「僕はさくら・さくら・さくらが好き」
いちこ…「共有家具」
黒龍眼…「母と子の時間」
clover…「shake it up, baby!!」
シュガーミルク…「ママごっこ」
うすべに桜子…「気まぐれ悪魔と気弱な僕」
AHOBAKA…「暗闇に堕ちる日」
うすべに桜子…「逆襲」
むかいきよはる…「鬼畜お嬢様はご機嫌ななめ」
ラサハン…「可愛い後輩のためならば…?」

作品情報/動作環境

作品番号
BJ057288
ファイル名/ファイル容量
BJ057288.zip / 202.33MB (212163424Byte)

Girls forM Vol.6の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Girls forM Vol.6」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

強制/無理矢理(2) 逆レイプ(2) 男性受け(2)

おすすめ!よりどりみどり

2017年09月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

言わずと知れたMシチュオンリーコミック第6弾。
今回はまぐろ帝國先生が参加されていますが、圧倒的な画力で迫ってくるややシュールな世界観は本シリーズの雰囲気に大変マッチしており、非常にいい味を出しています。
4・5号に比べて少女成分が増え、バラエティ豊かに濃い味わいのものが揃っているのでどんな嗜好の紳士でも楽しめる一冊に仕上がっていると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ダウンロード版

2015年07月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

Mな紳士の方々にうってつけの作品がダウンロード版にて販売されました。他のVolの作品もそうですが本のものですと少々大判になっていますので持ち運びだったり、保管場所に困っている方もいらしたかもしれません。その点データ版ですと保存も楽ですし、持ち運びに困ることもないかと思います。
内容的には逆転無しのMシチュになっていますが、甘甘の物であったり、かなりハードなものもありますのでそういったものが苦手な方に注意が必要かもしれません。ですが、攻められたいという紳士の方には個人的に全力でお勧めできる作品になっています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]