電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 穢れた精子で子宮がパンパン!

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

ぶっかけられ、流し込まれるのはオーク汁! 触手汁! 中年男汁!

異世界に召喚された女子校生たちはオークに輪姦され、
気丈な女剣士は催眠術によって衆人環視の中で自慰を披露させられ、
極悪犯ばかりの刑務所に配属された女看守は無理やり処女を穢されてしまう!
望まぬ白濁液を浴びせられた可憐な少女たちの嬌声が響き渡る!

キュートな少女と激しい陵辱のギャップを描く著者初単行本!

<収録作品>
『制服強性送姦』
『Sister of Orcs』
『催眠乱取り稽古』
『バスタイムの贈り物』
『プリズン・レイプ』
『エスケープゴート』
『ミルクがなければ奴隷チ○ポをしゃぶればいいじゃない』
『ゼリーマルチプリケーション』

作品情報/動作環境

作品番号
BJ057222
ファイル名/ファイル容量
BJ057222.zip / 99.69MB (104528690Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「穢れた精子で子宮がパンパン!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

強制/無理矢理(2) 妊娠/孕ませ(2) 中出し(2)

おすすめ!たっぷり注入されて悶えるヒロイン

2016年06月08日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

戦うヒロイン、SFヒロイン、表紙のような女子校生などが、
オークや触手や悪漢にたっぷり汁を注がれる話で構成されています。

性根の腐った連中の汚らしい種汁をたっぷり注入され、
気丈に抵抗していた顔がトロンと蕩けてしまう様子は、
なんとも淫靡で退廃的です。

巻末にはメッセージペーパーめいたおまけページや、
ギャグ調のおまけ漫画がありますから、
他の媒体で作品を読んでいた人にも新しい楽しみがあります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

タイトル通り

2016年05月12日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×0人

評価も良かったので購入してみました。
作品の半分以上は人外です。
とにかく少女たちがひたすらやられています。
圧倒的な力でねじ伏せられている姿は好きな人にはたまらないと思います。
シチュエーションも豊富でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!中出し孕ませ要素の詰まった良作

2015年07月31日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

異種、人間、借り腹、中出しのみと陵辱中出しものの要素が一通り揃っていて、かつどれもエロい短編集。
孕ませ方面の趣味嗜好があるなら、特に好みのシチューションがきっと1つは見つかるはずという良作でした。
あと、断面図表現が秀逸で、100%好みとは言えないシチュエーションでもこれだけで十分なくらい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]