電子書籍 > 海王社 > 淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~ > 淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~【第5話】調教の日々

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年05月16日
シリーズ名淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

女王・遥の奴隷たちの全貌が、ついに登場――!
調教されメス豚奴隷となった彩央依が連れていかれたのは、
マンションの地下に造られていた調教部屋だった。

出張でマンションにいない旦那には真実を伝えられるはずもなく、
思いつめながらもどんどん開発されていく身体……。
己の欲望を持て余す彩央依には、
遥の奴隷である『肉棒』たちによる愛撫に逆らえるはずもない。

「やっめてくだ―― ひっ!? いやァァ――ッッ!!!」

彩央依の抵抗など、
『肉棒』にとっては興奮をかき立てるスパイスにしかならない。
遥の牝奴隷として、
マンションすべての住人から認識された彩央依のことなど、気を遣うものは誰もいない――。

自らの弱点をすべてさらけ出されているため、的確な責めの前に、
彩央依の理性はたちまちはじけ飛び、悦楽にもまれアヘ顔を浮かべ嬌声をあげる。

「ひっは…ぁ イ…がせ…へぁ おヒリ…でェエ~~」

尻穴を壊れんばかりに突かれ、彩央依はただその刺激に身悶えていく……!!

巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描きあげる牝奴隷凌辱録、
身も心も牝奴隷となった彩央依はどうなってしまうのか……!?
一気に佳境へと突き進む第5話!!

「マガジンサイベリア Vol.075(BJ055567)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ055569
ファイル名/ファイル容量
BJ055569.zip / 16.81MB
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.075(BJ055567)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~【第5話】調教の日々」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件