電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 魔斬姫伝 > 魔斬姫外伝2 退魔師たちの乳淫獄

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

退魔組織『紅薙姫』所属の女剣士・九条院法子。
淫魔シャドウに囚われた彼女は、
尊敬する先輩、鷹城八雲の救出を信じて過酷な快楽責めを耐えていた。
それに気づいた淫魔が、監禁部屋に連れてきたのは、変わり果てた姿の八雲であった…。

本作品は
二次元ドリームノベルズ
『魔斬姫伝 退魔師たちの淫獄』
『魔斬姫伝2』
二次元ぷち文庫
『魔斬姫外伝 御劔家秘録』
(キルタイムコミュニケーション・刊)と
あわせてお読みいただきますと、よりお楽しみいただけます。

※当ファイルは、モバイル二次元ドリームにて配信された
『退魔師たちの乳淫獄 魔斬姫外伝2』
に基づいて作成しております。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ055346
ファイル名/ファイル容量
BJ055346.zip / 2.13MB (2232324Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

魔斬姫外伝2 退魔師たちの乳淫獄の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔斬姫外伝2 退魔師たちの乳淫獄」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

おすすめ!さよなら八雲

2015年08月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

終始、産業として苦戦しているジュブナイルポルノの中でも良質な商品だと思います。著者の特徴として物語の流れを1人称と3人称を使い分ける点が良いと思う。作者が病死したため、とても中途半端な結末になったのがとても惜しまれる。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ある意味「魔斬姫伝」シリーズの完結編。

2015年05月08日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

鷹城八雲が主人公の「魔斬姫伝」は未完で終わりましたが、
本作では彼女のなれの果てを観賞できます。
スピンオフ元の作品が属するレーベルの「二次元ドリームノベルズ」
であれば、エンディングとされてもおかしくないシーンだと思います。
その意味では、シリーズの完結編と言えるのではないでしょうか。

尺の大部分を占めている鷹城八雲の堕ちっぷりは、
倒し損ねた敵であり、女をものにすることに関して偏執狂的な調教師である
異形が行う惨めで淫靡な乳攻めという形で表現されています。

ご主人様への忠誠心を孕むと同時に、
それを吐くこと自体が悦びの自虐の言葉を
まき散らしながら乱れる様子は読み応え十分です。
心も身体も調教されきっているので、
感じまくりのよがりまくりです。

内容といい文章といい質が高いと感じました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

本編も電子化しないかなぁ

2015年05月05日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

SMという言葉を本質的に表した作品?

ただ、ムチを振るのではなく。
調教師がどんな相手を望むのか?
その終着点を読者に考えさせながら進行していく話に、
好奇心や、興味が湧くのでしょう。

話に引き込まれるかどうか?

この低価格の帯で作者の筆質を確認してみては如何でしょうか?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]