電子書籍 > マイウェイ出版 > 舞姫恥獄の檻 > 舞姫恥獄の檻 7

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月22日
シリーズ名舞姫恥獄の檻
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数163
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

美貌の元プリマバレリーナ白鳥洋子は
死んだ夫の妹、星野奈保子とともに バレエ教室を開き、
ささやかだが、幸せな日々を送っていた。

しかし父の経営する工務店の倒産とその父の急死という不幸にみまわれてしまう。
債権者の代表、若狭勇造は洋子に対し、
彼の経営する若草ビル内に新たに開くモダンバレエ研究所の所長として迎える
契約をもちかけるが、それは淫らな罠であった。
奈保子とともに結んだ契約に縛り付けられ、
洋子は露出的なレオタードを着せられ屈辱的なダンス奴隷として、
研究所の理事達に奉仕することまで強いられたのだ。
そして若狭の毒牙は汚れを知らない奈保子にまで及ぶ…

ともに過酷な調教にあえぐ二人だったが、
さらに生徒の石山ひとみと杉本伊代にも若狭達の魔手が伸びるのであった…

作品情報/動作環境

作品番号
BJ055310
ファイル名/ファイル容量
BJ055310.zip / 94.17MB (98746614Byte)

舞姫恥獄の檻 7の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「舞姫恥獄の檻 7」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

作品の完成度に益々磨きがかかっている

2016年04月20日  

このレビューは参考になった×0人

この作者さんは長年活躍されています。ツールの発達もありより妖艶に、感じている顔も精度が高くなっておりたいへんエロいです。

このシリーズはそろそろ完結ですが、最後まで妥協のないエロを貫き通し、エスカレートしてゆく感じは目が離せません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]