電子書籍 > キリブックス > 堕ち人妻アンソロジー > 人妻穴

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月10日
シリーズ名堕ち人妻アンソロジー
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数138
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

結婚しても性欲を持て余している身体…
ちょっと刺激を求めたい身体…
毎日の生活に明け暮れて寂しい身体……
艶やかな肌と豊満に熟れた乳房を目の前にチラつかされたら、
男は人妻の穴に挿入せずにはいられない!

温泉宿の取材も終わり、疲れを癒そうと大浴場に入ってみると、
そこには大きなおっぱい人妻が全裸で居た。
「もう~あなた遅かったじゃない! 待ちきれなかったわ」
人妻はそういうと巨乳を俺の身体に押当てながら、抱きついてきた。
どうやら彼女は近眼で、俺を旦那と間違えているようである…。
「俺の顔をよーく見て」と人妻に言ってはみたが
「いつもと一緒よ、んん!」と濃厚なキスで口を塞いでくる。
もはや俺のペニスも怒長しすぎて限界だ。
旦那に変わって、この人妻をイカせまくるしかない……『人妻温泉』

家に帰る前に寄りたい場所が出来た…。
それは3年前に別れた昔の恋人がいるバーだ。
お互いに結婚もしているし、キツイ口調もそのままだが、
子供を産んだ身体は乳房も張りを増し母乳も出るらしい。
そんな人妻となった彼女に俺は欲情してしまった。
無理矢理キスで口を塞ぎ、母乳を吸いたい衝動からふくよかな乳房を吸い続ける。
彼女が甘い声と溢れてくる恥汁を俺は見逃さず、
そのままイキリ勃ったペニスを根元まで膣にぶちこんだ。
彼女のツボは知っている…ピストンを繰り返すと「イカせちゃいやぁぁぁ!!」
彼女は母乳を吹き出しながら絶叫し、痙攣しながらアクメした…『甘い寄り道』

美味しいさかりの人妻のが欲求不満が爆発したようにイキまくる!
そんな人妻の淫乱穴を徹底的にセックスで満たす堕ち人妻アンソロジー!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ054219
ファイル名/ファイル容量
BJ054219.zip / 18.09MB (18970246Byte)
注意事項
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

人妻穴の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「人妻穴」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件