電子書籍 > 海王社 > 淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~ > 淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~【第4話】牝奴隷創生

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年04月18日
シリーズ名淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ついに彩央依の前に姿を現した女王・遥。
遥の奴隷である優により、すでに調教されていた彩央依は、
ふたりがかりの責め苦の前にもはや抵抗すら許されない。

そんな彩央依だが、今までの行為を盗撮されていたことを知らされ、
調教の過程を残さず記録していると告げられると、まだ残っていた理性が反発する。

「やっ…!? 撮らないでぇエェェ!!!」

そんな彼女を見て、まだ調教が甘いと知った遥は、さらなる調教を行う……!!
全身を縛り上げ拘束し、下の穴両方にバイブを突き刺し、敏感な部分を挟みあげる!
強い痛みと高められていく羞恥心により、彩央依の精神は崩壊寸前……。

さらには、その調教過程を旦那である健史に見せると言われ、
抵抗する彩央依に遥が告げた一言――!

「心配しなくていいの ご主人も『コッチ』に 来て貰うから――」

自分だけではない、旦那にも魔の手が伸びている……
その事実を知った彩央依は、ついにその理性を崩壊させる……。

「イっひゃ――おおおおお~~~~~!!!」

牝奴隷として、マゾ豚としてふさわしい姿に堕ちた彩央依――。
遥はそんな彩央依に、マンション住人の真の姿……
遥の奴隷として本能のままに悦楽を求める様子を見せつけ、
救いはないと彩央依を絶望の底へと堕とす――!

わずかに残る理性も奪い、心の底から牝奴隷となっていく彩央依……。
そんな姿に遥が呟く、新たなステージとは――!?

巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描きあげる
大作調教凌辱記、心の底まで堕ちた彩央依の運命は……!?
怒涛の展開がつづく第4話!!

「マガジンサイベリア Vol.074(BJ054011)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ054013
ファイル名/ファイル容量
BJ054013.zip / 17.57MB (18420841Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.074(BJ054011)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~【第4話】牝奴隷創生」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件