({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年05月24日
シリーズ名犯る気スイッチ ~家庭教師の僕が生徒を催眠レイプしまくる秘訣~
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数18
ジャンル
ファイル容量
11.93MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

変態プレイに目覚めた肉そうきゅー。が放つ新感覚催眠レイプ連載第3話!!

主人公の青田伝助(あおた でんすけ)は受け持った生徒の成績を必ずアップさせるという
人気の凄腕家庭教師として知られていた。
その人気の秘密は「犯(や)る気スイッチ」にあった。
「犯る気スイッチ」とは体のどこかにある光るスイッチの事でそれを押す事により
日頃の溜まった不満(ストレス)を性的欲求として一気に爆発させることができ
スッキリした気持ちで勉強に集中する事ができるようになるというものだ。
そして伝助は「犯る気スイッチ」を利用して受け持った生徒を食いまくっているのだった。

今日は教授の依頼によりおとなしい清楚系美少女・雪菜(ゆきな)の家庭教師をする事になった伝助。
おとなしい娘をめちゃくちゃするのが大好きな伝助はウキウキしながら雪菜の自宅を訪れ、
いつものように犯る気スイッチを押して欲望を解放してあげたところ……
雪菜が突然どSに豹変して伝助を嬲り始めるのだった。

「コミックグレープ Vol.16(BJ053846)」に掲載されている作品です。

注意事項

「コミックグレープ Vol.16(BJ053846)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「犯る気スイッチ ~家庭教師の僕が生徒を催眠レイプしまくる秘訣~ (3)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件