電子書籍 > 文苑堂 > 秘密の匂い

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年04月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数24
ジャンル

作品内容

風邪で一週間も寝込んだまりちゃんは、
回復を確信するようにベッドから起き上がると、
う~と伸びをして脂ぎった髪をポリポリ。
病気とはいえその間一度も体を洗えなかったことが不愉快でならず、
自らの体臭に辟易しつつ風呂場を目指す。

すると恋人の一樹くんからの連絡でスマホがピロピロ♪
一樹くんは彼女の家の近くまで来ていて、
これから学校のプリントやノートのコピーを持って伺うというのだ。
ほどなくして一樹くんを部屋に招くまりちゃん、
一週間ぶりにラブラブの彼氏と会えてご機嫌だが、
一樹くんに両肩をつかまれ体を求められると表情は一変!

臭うからと拒絶するも、彼は、全然臭くない、むしろいい匂いと、
まりちゃんの髪の毛をクンカクンカしだす。
さらには、素で嫌がる彼女のワキを剥き出しにすると、
そこに舌を這わそうとするのだ。
驚愕のまりちゃん、しかし暴走した彼氏を止める手立てはなく、
彼女は匂いマックスな秘所を容赦なく舐められ続け、挙句の果ては、
その匂いでバッキバキになった一樹くんのペニスで病み上がりの体を貫かれるのであった。

「COMICエウロパ 2015年3月号(BJ053418)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ053429
ファイル名/ファイル容量
BJ053429.zip / 28.62MB (30007983Byte)
注意事項
「COMICエウロパ 2015年3月号(BJ053418)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「秘密の匂い」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

体臭フェチ!

2015年04月16日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

病気で1週間お風呂に入っていない彼女の体臭に興奮してしまう彼氏が襲いかかるという内容はめちゃくちゃ良かったです。最初の髪の臭いに興奮するのは良かったのですが、もうちょっと臭さを前面に出してくれたらなぁーと思いました。でも続きを是非見てみたいです!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]