電子書籍 > 海王社 > 白濁戦姫エレアノール

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年04月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数196
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「天界の戦姫」とも名高い程の軍才に恵まれた女戦士・エレアノール。
その姉で、聖印を持つ「白き聖女」・アンリエッタ。
そして、この美しい娘たちをもうけ「黄金の真珠」と謳われた王妃・セレスティーヌ。

そんな三大美女を有するオージェ王国は、
長年「悪鬼軍団(レギオン・ディアブル)」と呼ばれる亜人(デミヒューマン)集団に蹂躙されてきた。
この忌むべき事態を打開すべく、女騎士のエレアノールは、類い稀な軍才を大いに発揮し、
悪鬼軍団を崩壊寸前にまで追い込む勢いであった。
その一方で、聖印を自らに宿すアンリエッタは、正式な聖女になるため、
叔父である教皇・ディディエの指導の下、修道院での修業が始まろうとしていた。

だが――

美しき王族母娘に降りかかる淫虐な悪夢とは!?
エロティックファンタジーの巨匠たいらはじめが描く官能巨編!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ053166
ファイル名/ファイル容量
BJ053166.zip / 132.76MB (139208130Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「白濁戦姫エレアノール」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女王様/お姫様(2) 調教(2)

おすすめ!堕ちる姫

2015年04月29日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

高貴な姫君が陵辱されて堕ちるエロ漫画
身も蓋もない説明ですが、だからこそこのような展開を求めている読者に手に取ってもらいたい作品

一冊約200ページを使い、ただひたすらそれだけを追求したエロさが大好きです
サブヒロインも複数名でますが、出番は少なめですね
メインヒロインに全力投球という感じです
最初は怪しげなアイテムを使っての洗脳調教と言う感じですが、最後は自らの意思で堕ちていく
期待したとおりの展開であり、ヒロインが堕ちるその瞬間は期待以上に素晴らしかった

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!相変わらずの催眠が如くな快楽堕ち

2015年04月10日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×3人

著者「たいらはじめ」様の描かれた電子コミックです。

 一応、注意として最初に書いておきますが、この作品はヒロインとなる美女達が謀略により女の快楽に落とされていく陵辱作品です。苦手な方はご注意を。
 以下、内容について。

 相変わらずエロかったです。個人的には、最初にいた謀略の共謀者のダークエルフのシーンももっとほしいと思いましたが、十二分に楽しめました。
 特殊な蟲を使ってヒロインとなる者達の思考を操り、どんどん弄び、そして戻れないところまで身体が堕ち、そして意識も、といういつもの流れは秀逸でした。

 買おうかと迷っている方は、この作品は話数が個別売りされているので、サンプル代わりに参考にしてみるのもいいかもしれません。
 気高い戦乙女や王女が堕とされていくさまが大好きという方は、特にストライクな作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]