電子書籍 > 海王社 > 淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~ > 淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~【第3話】宴の始まり

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年03月21日
シリーズ名淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

マンションオーナーにして、住人たちを奴隷として調教している、女王・遥。
その遥の指示で、入居してきたばかりの新婚ホヤホヤの人妻・彩央依を狙う、奴隷の優。

盗撮・盗聴によって住人の弱点すべてを掴んでいた遥の指示により、優は彩央依を犯すことに成功した。
悦楽の虜になりつつも、わずかばかりの理性で彩央依は抵抗するが、優の責めは止まらず激しくなっていく。
犯されたことで汚れた彩央依の体を洗いつつ、アナルの調教を行う。

「お…ヒリぃ… お尻の穴…がぁあ 融け…ちゃう!!」

文字通り腹の中までさらけ出しながら、今まで知らなかったアナル悦楽に悶える彩央依。
そんな自分の恥ずかしい姿――それがすべて撮られていたことを告げられ、わずかな理性も壊れていく……。
旦那にこのことを知られないために、優の欲求を受け入れ始める彩央依。

「あっあ!! 手…じゃイヤァァ!!! 切ないィィ 切なくなっちゃう――!!」

両穴を攻め立てられ、貪るように快楽を求め始めた彩央依。
その彼女の前に現れた人物とは――!!

巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描く大作調教凌辱譚、怒涛の展開を描く第3話!!

「マガジンサイベリア Vol.073(BJ053156)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ053158
ファイル名/ファイル容量
BJ053158.zip / 17.66MB (18517887Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.073(BJ053156)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~【第3話】宴の始まり」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件