電子書籍 > グループ・ゼロ > 一物勃起

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年04月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

珠子先生の美しさに惹かれてこの書道教室に足を踏み入れた僕。
でも動機が不純なせいか、書道の腕前は半年通っても全然上達しない。
このままじゃ珠子先生にも悪いし、やっぱり辞めようかな…。

珠子先生にその旨を伝えると、先生は僕を引き止めてくれた。
でも僕は、書に向き合っていてもどうしても邪念が払えないからダメなんです…
いつも頭の中で珠子先生の淫らな妄想を繰り広げてしまうんです…!

「良いんですよ、邪念を払わなくても。その邪念を書にぶつけるんです!!」
え、邪念、払わなくても良いんですか?
「本当の自分を開放するんです!」
開放しちゃって良いんですか? …では、遠慮なく…!! 珠子先生に、ハメてぇ―――!!!!

珠子先生、伝わりましたか!?
僕の思いを、そのお着物の下の、お教室の間もノーパンのお股で、受け止めて下さい!!
僕の太い太〜〜い筆を、珠子先生のお口でしごいて、立派な文字が書けるようにして下さい!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ052950
ファイル名/ファイル容量
BJ052950.zip / 11.38MB (11934795Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「一物勃起」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件