({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年04月15日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数22
ジャンル
ファイル容量
8.94MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

主人が珍しく部下を連れて帰って来る事になった。
誰にでも優しくて気弱な主人。
家に呼べるような部下が出来てよかった…と、私はこの時心から喜んでいた。
あの瞬間までは――…。

主人が連れて帰って来た部下は、まさかの高校時代の同級生だった。
同級生とは言っても仲が良かった訳ではない、むしろ――…。
私は高校時代、彼に酷い事をした。とても酷い事……。
もし彼が私の事を覚えていれば、あの時の事を恨みに思っていないはずがない。
私は――…彼をムリヤリ裸にして、クラスメイト数人と押さえつけ、犬と…メス犬と交尾させたのだ。
ああでも、彼は私の事を覚えていないみたい…。
そうよね、あれから10年も経っているし、私もあの頃とは変わったし…。

「まさかこんな形で復讐のチャンスが訪れるとはね…
奥さん、大声出したらリビングで寝ているご主人が起きてくるぜ?」
…覚えてた…!
「アンタの中はメス犬以上か以下か、試させてもらうよ…」
誰か助けて…

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「犬の住処」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件