({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年03月15日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数18
ジャンル
ファイル容量
13.08MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

グレープが誇る次世代爆乳作家・コトバアイが
妹催眠オカルトエロコメでコミックグレープ再登場!!

僕にはオカルト好きの妹・ちさとがいる。
ちさとは学校でオカルトサークルに入っていて、
そこで色々オカルトネタを仕入れてきては僕で試そうとする危ないヤツだ。
今日も帰ってくるなり僕の部屋に勝手に入ってきて、
どこで手に入れたか分からないような怪しげな催眠アプリを僕で試そうとしてくる。

何やら相手にして欲しい事を文字で入力してから相手にスマホの画面を見せると
催眠状態になってその通りに行動してしまうらしい。
そんな簡単に催眠術なんてかかるわけがないと思っていたが、
気が付くと僕はパンツ一枚になっていた。
驚く僕を見てちさとはニヤニヤ笑いながら、また文字を入力し始める。
そしてスマホの画面を再び僕に見せてくるが、そこで僕は近くにあった鏡で反撃を試みる。
鏡によってスマホの画面を自分で見てしまったちさとは急に体が熱いと言って服を脱ぎ出し、
そして爆乳を振り乱しながらオナニーを始めるのだった。
何がどうなってるのかよく分からない僕の前で
ちさとはどんどんエロビッチになっていき、ついには僕のチ○ポを!?

「コミックグレープ Vol.11(BJ052712)」に掲載されている作品です。

注意事項

「コミックグレープ Vol.11(BJ052712)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「催眠アプリでビッチになってしまった爆乳妹がエロすぎてヤバイ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件