({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年03月08日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数18
ジャンル
ファイル容量
13.13MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ちょっと変わった部活男女の性愛を描き商業漫画デビュー!!

相田(あいだ)先輩と西岡(にしおか)の二人しかいない文芸部。
西岡が突然相田に交換日記始めませんか? と話しかけてきた。
西岡が言うには、1日を振り返り文にするのも勉強になると思う、
それでお互いに感想書いたり添削したりという提案に相田が納得し始めた交換日記だったが、
西岡は交換日記に官能小説もどきのものを書いてきた。
相田が部室に怒鳴り込み西岡に問いただすと、どうと言われても日記ですとしか…と答えられ、
いまいち真意がわからない相田。
なぜ日記の内容が官能小説もどきになるんだとツッコミを入れると、
これに書いた事はその日私が実際にとった行動だと言ってるんですと答える西岡。

続けて西岡は相田に感想も添削も先輩の日記も書いてありませんねと聞くが、
そんなもの見せられて真面目に書く気になるわけ…と言いかける相田に、
今…返信貰えませんかと西岡は言う。
相田が困惑していると『私はブラウスに手をかけ』『ブレザーごとその場に脱ぎ捨てた』と
日記の文章を朗読しつつ日記の文章と同じように西岡は実際にブレザー、ブラジャーと脱ぎだした。
それ以外は全部この場で再現します、だから応えてくださいね相田先輩と妖しい笑顔で語りかける西岡。
相田が困惑していると西岡はより過激に自身が書いた
官能小説まがいの日記の再現を相田の目の前で行うのだった…。

「コミックグレープ Vol.10(BJ052703)」に掲載されている作品です。

注意事項

「コミックグレープ Vol.10(BJ052703)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「交姦日記と君の劣情」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件