電子書籍 > 文苑堂 > 結婚狂詩曲

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

結婚願望の強い琴音さんは、恋人の俊哉くんにたいして、
ことあるごとに親に会ってほしいと催促をするが、
まだまだ独身を謳歌したい彼にとって、結婚など煩わしいものでしかなく、
その夜のセックス後も、またぞろ二人はそんな話で口論となる。

だが、いつもにもまして強く迫る琴音さんに辟易の俊哉くんは、
彼女の欠点としてセックスに不満があると反論し、
性の不一致を解消できないままでは結婚できないと、不遜な態度を崩さない。
すると、ならばと琴音さんは一週間の猶予を求め、
そののち必ず俊哉くんを(新たなプレイで)満足させてあげると言い放つのだった。

一週間後の約束の日、なぜか後ろ手に拘束された俊哉くんは、
どういうことかと琴音さんに説明を求めるが、どうやらそれが、
彼を満足させるためのお膳立てのようで、琴音さんは不適な笑みを浮かべつつ、
まずは俊哉くんの股間をムンギュとスタンプ攻撃。

そして、彼の憤慨を柳に風と受け流すと、
両脚で彼のペニスを左右から挟みこんで、いわゆる足コキで彼を射精にまで追いこむ。
琴音さんの足づかいに翻弄される俊哉くんは、その表情からヤバイの色が見え隠れするが、
それも束の間、今度は彼女にペニスの根元をリボン結びされると、そのまま射精管理フェラの刑に処されてしまう。
果てのない苦悶に身をよじる俊哉くんだが、彼女が仕掛けた「満足」に至るプレイが、
実は自らをM男に調教する性儀式であるということに、未だ気づいてはいなかった。

「L.Q.M ~リトル クイン マウント~ vol.3(BJ052097)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ052105
ファイル名/ファイル容量
BJ052105.zip / 21.13MB (22153321Byte)
注意事項
「L.Q.M ~リトル クイン マウント~ vol.3(BJ052097)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「結婚狂詩曲」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件