電子書籍 > 文苑堂 > 魅惑の鍛錬

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

放課後、帰宅途中で忘れ物に気づき、教室に引き返した主人公の遥くんは、
美人で生徒会長も務める、才色兼備で名高い小見山さんの机の上のカバンに目を奪われる。
なんとそのカバンからは、リコーダーの先っちょがはみ出ていたのだ。

憧れの女性と間接キッスをしたい…そんな欲望と誘惑に負けた遥くんは、
ケースからリコーダーを取り出すと、口をつけるだけかと思いきや、あろうことか「ピュルル~」と吹奏を始めたのだった。
しかしその直後、当の本人がカバンを取りにきたから、さあ大変!

小見山さんはその変態的な状況にドンビキするも、遥くんを問いただすため生徒会室に連れこむが、
何を聞いても震えるばかりしか能のない遥くんを見て、彼女は自らが主導権を握ったと確信。
そして生徒会長らしからぬ笑みを浮かべながら、
そんなに間接キスをしたいのならば直接のほうがと、ディープキスを強要する。
口の中を「他人唾液」でいっぱいにされた遥くんは、生来のM本性に目覚めたのか股間をコンモリとさせると、
それが合図であったかのように、小見山さんは彼の心身を蹂躙するのだった。

「L.Q.M ~リトル クイン マウント~ vol.3(BJ052097)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ052101
ファイル名/ファイル容量
BJ052101.zip / 25.63MB (26872778Byte)
注意事項
「L.Q.M ~リトル クイン マウント~ vol.3(BJ052097)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魅惑の鍛錬」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件