電子書籍 > 文苑堂 > 黒ストクラスメイト

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
著者 Yukian
出版社名 文苑堂フォローする
販売日 2015年03月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル

作品内容

ちょっと気の弱い主人公の北島くんは、学校からの帰り道、
美人ながらどことなく近寄りがたい雰囲気のクラスメイト、鈴原さんに声をかけられるが、
直後、彼女の履いている黒ストッキングが有刺鉄線の間から延びた枝のせいで伝線してしまい、
近寄りがたい印象を如実に示すかのように鈴原さんは大声でキレまくり。
そしてさらには北島くんの家で着替えさせてほしいと問答無用の体。
自宅が近い北島くんは、しぶしぶ彼女を招き入れるしかなかった。

その自宅にて、いきなり玄関先でスカートをたくしあげる鈴原さんに慌てふためく北島くんだが、
鈴原さんは、私を自室に招き入れたいのかと不信の目。
さらに北島くんに対して言いがかりを付けまくる彼女は、
実は北島くんが黒ストッキングフェチのM男であることに気づき、
ビクつきながらも顔を赤らめる彼を床に座らせると、
そのコンモリとした股間を踏みつけて、こう言い放つ。

「あんたのその股間 見苦しいのよ」

わあああ…と悲鳴をあげる北島くんだが、
責められるほど自らの黒ストッキング好きとM本性をカミングアウトしてしまい、
やがて鈴原さんのS攻め地獄に身を落とすはめに…。

「L.Q.M ~リトル クイン マウント~ vol.3(BJ052097)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ052098
ファイル名/ファイル容量
BJ052098.zip / 26.13MB (27404409Byte)
注意事項
「L.Q.M ~リトル クイン マウント~ vol.3(BJ052097)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「黒ストクラスメイト」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件