電子書籍 > 海王社 > 淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~ > 淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~【第2話】堕ちた人妻

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年02月14日
シリーズ名淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

オーナーとして自らのマンションに住む住人を、奴隷として調教している女王・遥。
彼女が次のターゲットとして定めたのは、夫と供に越してきた新婚ホヤホヤの人妻・彩央依。

盗撮・盗聴を行い、彩央依の旦那が単身赴任することを知った遥は、奴隷の優を彩央依の元へと送り込んだ。
女を堕とすために性奴隷として調教されていた優は、まだ未開発の彩央依を激しく凌辱する。

「旦那のチ○ポの味を完全に忘れるまで――鬼ハメするから」

盗撮していた遥によって、自らの弱点をすべて知られていた彩央依は、優の淫戯に抗うことができない。
それでも暴れる彩央依に大量の浣腸を施す優――。

「ご…んな……ひっ 私ィおヒリ初めて……なのにィ」

今までに感じたことのない怒涛の責めの中、彩央依は悦楽の中に溺れていき――!?

巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描く大作官能絵巻、ハードな凌辱を描く第2話が登場!!

「マガジンサイベリア Vol.072(BJ051511)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ051513
ファイル名/ファイル容量
BJ051513.zip / 17.96MB (18832382Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.072(BJ051511)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫獄の巨塔~獣たちの叫宴~【第2話】堕ちた人妻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件