({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年02月14日
シリーズ名アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数30
ジャンル
ファイル容量
15.74MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

決して逆らうことの許されない、強靭な魔力を持つスマホ。
鉄壁の清純美少女が貶められる直接調教の末路とは――!?

「これは夢じゃない。今…確かにボクのチ○ポが突き刺しているのは…」

ラブホテルの一室に連れ込まれたヒナタは、口にボールギャグを付けられ、両手は拘束。
スマホの力により目は開くことがかなわない中、マナブにその体を嬲られ続ける。
声にならない嬌声と、無理矢理にねじ込まれた肉壺からの水音が、
ベッドの上を満たすたびに、マナブの支配欲はさらに加速していく。

「どうだ藤浦ヒナタ? そんなに気持ちイイのか? イカせてほしいか?」

幾度となく、ヒナタの内部に注がれる熱い飛沫。
その度にヒナタの体を駆け抜ける快感は、電流の如く全身を貫き、ヒナタの思考を惑わしていく。
スマホの力により、イクことを制限されているヒナタの体は、
蓄積された快感の疼きに溢れ、限界を迎えようとしていた――…。

「イカせてほしかったら、自分の口からおねだりするんだ」

超絶まじめ美少女・ヒナタは、ついに自ら快楽の渦に堕ちてしまうのか!?
究極の調教の果てにマナブとヒナタが迎える結末とは――!?
帝王・クリムゾンが放つエキセントリックエロス第二編、衝撃のクライマックス!

「マガジンサイベリア Vol.072(BJ051511)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.072(BJ051511)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アイドル強制操作~スマホで命令したことが現実に~ヒナタ編【最終話】なぜ屈服しないのか?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件