>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

欲望のままに人間を犯す魔物、凶鳥《フッケバイン》と戦う真鳥羽火凛。
彼女はかつて凶鳥に嬲られ死に瀕した際に得た、
不死鳥の力で魔物を滅する変身ヒロイン・天唱凰姫カリンとなったのだ。

そんなある日、戦いながらも学生生活を送る火凛のもとに、高い知能と少女の姿を持つ凶鳥が現れる。
鴉のように狡猾なその魔少女たちは、火凛の学園を淫らで陰惨な舞台へと変えていくのだった!

火凛の親友である三枝咲を捕らえた敵は、
少女の豊満な乳房を幾度も幾度も弄り、
果てなき絶頂地獄に溺れさせる。

カリンは抵抗もできないまま、その強大な力を奪う淫らな責め苦に身を晒すことに……。
凶鳥の卵を膣に挿入されるたびに再生した処女膜を破られ、
鳥籠に捕らわれ、敏感な突起をブラシで掻き乱されて空腰を振ってしまう変身ヒロイン。
正義の少女は親友も戦う力も奪われ、堕ちてしまうのか……?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ051147
ファイル名/ファイル容量
BJ051147.zip / 19.6MB (20556122Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「天唱凰姫カリン 淫辱に舞い堕ちる翼」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

伸び代のある作品!

2015年05月17日  三色産うなぎパイ さん 投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

拘束嬲りが好きな人に勧めよう。

この物語をもっと深化させると、面白いかも。

続編に期待したいところですが、これはネタバレになってしまうか?
続編も書けそうな展開になっております。

不死身のヒロインって、凄い書きっぷり。
今度、試してみたいものです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

変身ヒロインを襲う、男からの凌辱・おにゃのこによる凌辱

2015年05月12日  骨格機械 さん 投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

ドリームノベルズ期待の新星、ヤミヨ氏の初長編単行本。
pixivに掲載されている氏の作品の妙味そのままに、
変身ヒロインがピンチに陥り、敗北し捕えられ、苛烈な凌辱地獄に叩き落される展開。
ヤミヨ氏にはぜひとも、今後の変身ヒロインものを支える旗手として活躍していただきたいところ。

赤色コスが目に心地よいヒロイン、悪役は妖艶な半烏半人の双子魔物、
学園でのヒロインの親友と、挿絵付きで描かれる4人のメインキャラクターは美少女揃い。
基本的には、メインヒロイン以外は彼女を責める役回り。
強気な変身ヒロインが、おにゃのこにおぱい吸われたり、
おにゃのこに無理矢理べろちゅーされたり、
肉棒生やされたおにゃのこにバックで突きこまれたりと、同性からの責めを完備している。
この点は、pixiv作品から続くヤミヨ氏の真骨頂か。

しかしおにゃのこばかりという訳でもなく、男子生徒相手の奉仕・輪姦も装備。
変身前と後、2通りの姿で奉仕させられる姿は、変身ヒロインものの定番である。
さらには、サンプル挿絵の2枚のような、淫具を使ったプレイまで盛られている。
お口とおぱい塞がれながらローラーで陰核摩擦、
このピンポイント快楽地獄感はヤミヨ氏ならではかと思われる。

そして、烏娘が凌辱仕掛け人とあって、卵を産み付けられる展開までも・・・
産卵好きの方にはイチ押ししたい。産卵後は更に生まれたヒナに・・・?

おにゃのこ、モブ男子群、淫具、果ては卵やヒナまで・・・
変身ヒロインを多彩な方法で責め立てる構成からは、飽きのこない凌辱のバリエーションとともに、
ヤミヨ氏の変身ヒロインものへの思い入れがうかがえる。
ヤミヨ氏には、ぜひとも変身ヒロイン陵辱の書き手としての王道を驀進して欲しいものです。

直球の変身ヒロインもの、変身ヒロインならでは責めを期待する諸兄は、買って損のない品でございます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]