電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 淫習ノ牝贄 若妻孕ませの掟

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

医師の夫とともに山奥の無医村に引っ越した海野小春。
一見穏やかな村だが、彼女はそこに伝わる秘密の淫習──“オツトメオンナ”に選ばれてしまう。
そして否応なく村の腕白な少年の子種を孕まされる若妻。

「夫以外との子供なんてイヤなのに…」

小春は貪欲な牡たちに昼夜の別なく貪られるのだった。

<人物紹介>
海野 小春(うんの こはる)
医者である夫とともに、無医村だった伏隠郷へと引っ越した若妻。結婚二年目。

久坂 祐貴子(くさか ゆきこ)
海野夫婦の隣人。村の診療所では大志の助手として看護師をつとめている。

久坂 祐奈(くさか ゆうな)
祐貴子の長女。口数の少ない、おとなしげな美少女。

海野 大志(うんの たいし)
30歳。医師として伏隠郷の診療所に赴任した。村人から厚い信頼を集めている。

久坂 駿祐(くさか しゅんすけ)
祐貴子の息子。小柄ながらもやんちゃな、村の子どもたちのガキ大将格の少年。

<目次>
序 章 妊孕を悟る瞬間
第一章 狙われていた排卵日
第二章 オツトメオンナの務め
第三章 種祝い
第四章 窓の向こうの淫欲
第五章 濫淫の奇祭
継 章 淫習の牝贄

作品情報/動作環境

作品番号
BJ050919
ファイル名/ファイル容量
BJ050919.zip / 4.9MB (5136652Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫習ノ牝贄 若妻孕ませの掟」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!リアルドリーム文庫、久々の快作!

2015年04月16日  

このレビューは参考になった×0人

このレーベルでは久々に強烈な作品に出会いました。単刀直入に言うと、

「孕ませ・ボテ腹・巨乳・村の因習・乱交・輪姦・熟女・ロリ・姉ショタ」

この辺りのキーワードに反応する人は、買って損はないと思います。

以下は感想です。

「外から来た若妻が、村の掟で陵辱の渦に落とされ・・・」
と、ここまでならリアル系陵辱小説によくある展開ですが、今作では中盤に転換点があり、
ある場面をきっかけに、主人公の小春が積極的に村の因習に関わるようになります。
おかげでただ暗いだけの物語にはなっておらず、淫靡ではありますが読後感は悪くないです。

Hシーンの描写は非常に濃厚。
愛する夫婦が、互いに望まぬ相手との孕ませHを祐貴子親子に強制されるところから始まり、
村の男達への奉仕SEX、少年達への性教育(主人公の新たな性癖が目覚めてしまう)、
夫と祐貴子のボテ腹Hを目撃して逆に興奮してしまう場面など、凝ったシチュが満載です。
最後は妊婦となった3人のヒロインが、村人達相手に三者三様の乱交模様を繰り広げます。

「今回は若妻の小春視点だったが、熟女・祐貴子やロリ・祐奈メインで描いたらどうなるか?」「この舞台設定を流用した新作や続編も読んでみたい」

リアル系官能小説でシリーズ化される作品は稀ですが、そんな想像をしてみたくなるほど、よく出来た作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]