電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 魔探偵藤堂静華の淫妖事件簿

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

二次元ドリームマガジンで人気を博した、ぱふぇ先生の連載漫画!!

私立探偵として市民の依頼を受けながら、世に蔓延る“魔”を滅する退魔師・藤堂静華。彼女はある事件で封印した強力な魔剣とともに難事件を解決していく。そんな彼女の前に現れたのは、淫魔に心を奪われた姉・絢華であった……。絢華による策略に落ち、過酷な調教を受けさせられてゆく静華。強き理性も徐々に消え失せ、だんだんと性癖を暴露されてゆく女探偵の行き着いた結末とは……!?

各エッチシーンに、メイド・ナース・巫女・女生徒といった設定で、様々なコスチュームの静華を堪能できる内容! 欲張りなあなたにピッタリの一冊!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ050388
ファイル名/ファイル容量
BJ050388.zip / 45.36MB (47560087Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔探偵藤堂静華の淫妖事件簿」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

汁/液大量(2) 陵辱(2) 触手(2)

女探偵凌辱もの

2013年04月01日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

クールな女探偵が触手に犯されたり、コスプレでイキまくる作品です!
敵に捕らわれ、抵抗するも激しい凌辱に快楽を感じ、理性をだんだんと失っていきます!
とろけた顔で感じてイキまくるヒロインはどのような結末を迎えるのか!注目です!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!触手と陵辱と輪姦と・・

2009年06月29日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

探偵・・・という退魔師物です、近代SF作品。
全8話と長編というほどではないのです、話は最後までまとまってます。
因縁、葛藤、話を盛り上げる要素もキチンと入ってます。

エロに関しては基本は陵辱物、輪姦触手、そしてコスプレが多いです。
ナース、巫女、メイドと多彩に陵辱されてくれます。
ナイスバディのお姉様が「基本は強気だけど責められると弱い」な表現が強く、
エロ度は非常に高いですね。
8話構成でまとまっている、ストーリーも練られてる、が、
エロに目がいきすぎて目立たない!!
まぁエロ第一なんで問題ナッシングなんですがね(笑)
そんな作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

オリジナルの探偵モノ

2009年06月04日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

自分は「ぱふぇ」さんのファンなのですが、本を手に入れる機会が少ないので発売してから読むまでの間が非常に長いです。
「ぱふぇ」さんオリジナルオンリーの一冊。ヒロインは少し大人な雰囲気の女探偵。話の流れは比較的分かりやすく、スムーズに読むことができます。
このお話がまだ連載しているかどうかは分かりませんが、可能ならばもっとこの作品を読んでみたいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]