({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 袋小路ヒロサキ / 
出版社名 eternalフォローする
レーベル eternal
販売日 2015年02月22日
シリーズ名むしゃぶり天然パ●パン-10歳以上離れた幼馴染JKと昔みたいにお触り罰ゲーム
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数15
ジャンル
ファイル容量
5.48MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

幼馴染の真と亜弥。
10歳以上歳が離れていたため兄と妹のように幼い頃はよく遊んだ。
テレビゲームをするときは亜弥が真の膝の上に座ってゲームをして、
亜弥が負けると『罰ゲーム』と称して胸を揉んだりするのは日常茶飯事だった。

時が経ち亜弥ももう高校生…今あの罰ゲームをしたらどうなるだろう…。
そんな時亜弥が家の鍵を忘れたと言って真の家へやってきた。
真の部屋で幼い頃のままのゲーム機を見つけ、遊び始める亜弥。
「一緒に遊ぼうよ。ひとりで遊んでても面白くないよ。」
昔のように膝の上に座ってくる亜弥に戸惑う真…甘い髪のにおい密着する柔らかい身体…。

しょうがないから一緒に遊んでやるよ。但し…罰ゲーム付きだ!

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「むしゃぶり天然パ●パン-10歳以上離れた幼馴染JKと昔みたいにお触り罰ゲーム 3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件