電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 座敷童の掟 > 座敷童の掟 外伝 資料 伊奈澤聡美の書簡

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

まだ近世と近代が混在していた時代。
鈴木蓉子は人と人ならざるもの〈妖怪〉とのあいだで生じた
揉め事を調停する任に就いている。
蓉子はある旧家に派遣され、座敷童の少女・忍と
そのメイド・聡美の異常な関係に気づく。
旧家の令嬢なのに使用人となっている聡美は、
座敷童に差しだされた生贄だったのだ。
哀れなメイドは、忍や他の妖怪たちの
倒錯した嗜好のままに嬲られ続ける…。
──話題を読んだ二次元ドリーム文庫異色作の外伝。
聡美の耐えてきた淫獄の一端が、書簡のかたちで明かされる。

本作品は
二次元ドリーム文庫
『座敷童の掟 暴富は艶めく女体を贄に』
(キルタイムコミュニケーション・刊)とともに
お読みいただきますと、よりお楽しみいただけます。

※当ファイルは、モバイル二次元ドリームにて配信された
『座敷童の掟 外伝 資料 伊奈澤聡美の書簡』
に基づいて作成しております。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ049576
ファイル名/ファイル容量
BJ049576.zip / 1.7MB (1777488Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「座敷童の掟 外伝 資料 伊奈澤聡美の書簡」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

退廃/背徳/インモラル(2)

知る人ぞ知る!

2015年05月14日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

名作と名高い官能文書が、電子書籍化!!

「濡れてしまいます」
という描写にゾクリとする。

そんな作者の恥ずかしげもない架空リポーター魂が息づく作品。

センスですね。その状況下にあるべきもの。感じるものを素直に書ける技量。

低価格で、出会ってしまったら最後、作者買い必至の作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!大和撫子メイドとアカナメの舌とワニュウドウの車輪

2015年01月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

本作は「座敷童の掟」という作品の外伝です。
こちらだけでも楽しめると思いますが、
向こうを先に読むといっそう楽しめたり、
腑に落ちたりするのではないかと思います。

本作の責め役は「座敷童の掟」に出て出番もあった、
米国かぶれのアカナメと、関西弁の好色オヤジそのもののワニュウドウ。
作中の「要するに、天性のマゾ奴隷役だった」という言葉に尽きる
大和撫子に舌責めや車輪責めを行います。
蛇足ですが、向こうの主な責め役である、
ぬらりひょんの青年は出番なしに等しいです。

西洋文化がだいぶ普及しているものの、
日本的な部分がまだまだ色濃い時代の雰囲気が
よく出ているところも魅力なのですが、
精緻で興奮させられる官能的な小説でありながら、
文学的でもあり、ギャグ漫画的でもあるという、
この作者独特でほとんど類を見ない巧みな文章も面白いです。
人間心理に鋭く切り込んだり、
人間礼賛的な作風であったりするのも心地よくて好感を憶えます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]