({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 しばたやぎ(画) / (作)
出版社名 スクリーモフォローする
レーベル 絶対領域R
販売日 2015年01月10日
シリーズ名残念っ、下は水着でした!
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数54
ジャンル
ファイル容量
24.15MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

青空の下で田舎娘とびしょ濡れエッチ!
スカートの下の無防備なカラダと無邪気な挑発にもう我慢できないっ…!

都会から田舎に引っ越してきた俺は、
地元っ子であるくるみのチラチラ覗く下着や太ももにドキドキしっぱなし!
ある日、川遊びの最中に水辺で転び、濡れた服を乾かしてきたくるみ。
俺のやましい視線に気づくと、大胆にもスカートをまくり上げ挑発…!?と思いきや、
「残念っ、下は水着でした!」と無邪気にかわかわれてしまうのだが、
その眩しい水着姿に我慢の限界を迎えた俺は思わず彼女を押し倒してしまい…

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「残念っ、下は水着でした! 3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件