({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年04月16日
シリーズ名【フルカラー成人版】催眠学園 (分冊版)
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数68
ジャンル
ファイル容量
23.5MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

【フルカラー68ページ】
昼休み…生活指導室には男子学生の村越と教師の高崎真弓の姿。
「何よ、村越いつ見ても気持ち悪いこと考えてるのが丸わかりな顔ね。
あたしはこれから学園長と話があるんだから…」
「先生は僕の○○○が欲しくて堪らなくなるんですよ」
「はぁ? あんた何言ってんの?」
真弓は村越の言葉を一笑にふす。
すると村越は、ぼそりとあるキーワードを口にした。すると真弓は、魂を抜かれたかの様な状態になる。
さらに村越は、真弓の耳元で何事かを囁き指を鳴らす。
すると真弓は何も気付いてない様子で、「ちょっと気持ち悪い笑み浮かべないでよね」と言うが、
言葉とは裏腹に手は村越の股間に伸びていた…。
真弓は涙を浮かべ激しい拒否感を露にしながらも、体は村越の言うがままに村越のモノを激しく吸う。
「先生、そんなに激しく吸い付かれたらさすがの僕も…」
その時、学園長が指導室に入ってくる。
その光景を目撃した学園長は目を見開き驚愕する。
全てが終わったかの様な表情の真弓だが、体は村越のモノを吸い続けるのだった…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「【フルカラー成人版】催眠学園 (分冊版) 第二巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件