({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年12月24日
シリーズ名あたしのナカの黒と白
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数31
ジャンル
ファイル容量
15.4MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「全部僕に任せて…」
そう言って吉川は冴子に優しくキス。
そのままそっと舌を差し込み、冴子の舌先をさぐり絡めていく。
頬に触れていた手は冴子の胸をすべり、隆起した乳首をゆっくりなでる。
吐息をもらす冴子。
冴子の体は熱を帯び、感度が増し、小さな喘ぎ声があがる。
そんな彼女を優しいまなざしで見つめる吉川。
そして確認するかのように冴子の下着の中へとそっと手を伸ばし、秘部を一定のリズムで愛撫する。
クチュクチュとみずみずしい音が響く。
吉川は恥ずかしがる冴子の脚を優しく開き、割れ目にゆっくりと舌を這わせ丁寧に舐めあげる。
彼が優しく触れるたび彼女の心は満たされ、黒く重いものを溶かしていく。

ピロンタン先生が放つ、
官能サスペンスの決定版「あたしのナカの黒と白」最終話がフルカラーで配信スタート!!

「アクリコミック vol.7(フルカラー)(BJ048511)」に掲載されている作品です。

注意事項

「アクリコミック vol.7(フルカラー)(BJ048511)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「あたしのナカの黒と白06(フルカラー)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件