電子書籍 > 文苑堂 > 殺し屋さんがやって来た

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年11月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル

作品内容

新作エロゲを買ってホクホク顔の西脇くんは、一気にクリアしてやるぜーとニヤケ顔でアパートに戻るが、
部屋に入ったとたん「がっ?」と面相を変えると、そのままバタンと前のめりで気絶。
しばらくして、空ろながら意識を取り戻す西脇くんは、目の前の美少女にハッと声をあげるが、
噛まされたサルぐつわでくぐもったような悲鳴しかあげられないでいる。

彼女はいう、「私は殺し屋 お前を殺しに来た」と。
声を出さない約束で、サルぐつわをとかれた西脇くんだが、さえないオタクの我が身に命を狙われる覚えもなく、
その釈然としない思いを表明するも、殺し屋と名乗る美少女はにべもなく却下。
更に静かな口調でこう言い放つ。「今から お前とSEXをする」
どうやら死に行く者のために、手向けとして本人の望む至高の快楽を与えてやろうというのだが、
ならば最後に新作エロゲをプレイしたい、とのたまうダメ人間の西脇くんは二度目の却下を食らい、
果たして二人はリアルなSEXを敢行。
しかし、ここで西脇くんのエロゲーライクなオタク魂が炸裂するのだった。

「COMICエウロパ 2014年11月号(BJ045647)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ045654
ファイル名/ファイル容量
BJ045654.zip / 24.69MB (25891863Byte)
注意事項
「COMICエウロパ 2014年11月号(BJ045647)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「殺し屋さんがやって来た」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件