({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年12月30日
シリーズ名師匠とボクは
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数16
ジャンル
ファイル容量
8.21MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ひったくり犯に食らわせるは必殺・脳天直撃キック!
助けたおばちゃんに感謝されたけど、また男の子と間違えられてしまった。
強くなるのは嬉しいけど、そのたびに男の子と勘違いされることを悩む渚。

そんな渚に師匠はいつもの特製ドリンクを差し出す。
このドリンクを飲むと、渚はいつも眠くなってしまう…。
渚の意識がなくなると、師匠はその本性を現す。
渚が慕う師匠は、彼女を犯して悦ぶ最低男だったのだ…

「少女式 冬 (2013)(BJ045207)」に掲載されている作品です。

注意事項

「少女式 冬 (2013)(BJ045207)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「師匠とボクは」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件