電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第26話】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2014年09月20日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数23
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

非情な運命の糸に絡まる人間模様――歪んだ愛情と情欲にまみれ、
ついに核心を突く、男と女の真実の物語が今ここに――本当の愛とは? 夫婦とは…?

工藤、熊沢らの企みにより、男たちの手によって体中を責め続けられた妻・ひとみ。
それからの日毎夜毎、ひとみは欲望のままに自身の体を慰め続ける。
襲来した男たちの置き土産…恥ずかしい玩具で自らを嬲りまわす。
それでも、ひとみの内なる熱情を冷ますほどには、到底及ばなかった。

「嫌…こんなこと…したくないのに…どうしても肉体が疼いて――いっ…くぅううぅあ!!」

執拗に植えつけられた、肉欲への羨望、嘆願……。
夫・隆明以外の男根で犯し抜かれる様を夢想し、自慰に耽るひとみのもとに、
新たな恐ろしい企みの鐘を鳴らす、一通のメールが届いた――…。

「ダメェエエいやっいやあ! うああっみっ見ないで…へェ、あなたっ…! 見ないでください~~!!」

ついに明かされる真実――! 忌まわしい記憶の眠るホテルの一室で、
妻・ひとみが目にする驚愕の事実――!!
体中が性感帯と化したひとみに、無数の男たちの手が伸びる――! そして夫・隆明は――!?

名作「生贄夫人」を肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!
めくるめく重厚な官能ドラマ第26話!!

「マガジンサイベリア Vol.067(BJ044628)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ044634
ファイル名/ファイル容量
BJ044634.zip / 16.9MB
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.067(BJ044628)」に掲載されている作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第26話】 」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件