電子書籍 > グループ・ゼロ > 真・穢れた花嫁 ~言祝儀姫奇譚~2

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年09月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数49
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

『お前、平気なのか? これから毎晩、代わるがわる四人の男と寝なきゃならないんだぞ--』
売れない小説家、四ノ宮左右介(しのみや・そうすけ)は、伯父から援助を受ける交換条件として、
故郷の村で行われる、ある<<儀式>>への参加を命じられる。
それは、旧弊(きゅうへい)な因習がいまだに絶対的な力を持つその村で「生き神様」として
あがめられる巫女姫『言祝儀姫(ことほぎひめ)』の、代替わりのための儀式だった。
言祝儀姫の血族<<真ノ宮家>>の血を絶やさぬために、新たな言祝儀姫となる真ノ宮の娘は、
分家から選ばれた四人の若者と婚礼を上げ、女児をみごもるまで四人の夫と
毎夜代わるがわる契りを交わさなければならない--。
左右介は村でも一部の者しか知ることの許されないこの異常な婚礼の秘儀について調べ始めるのだが…。

好評を博した『穢れた花嫁 ~言祝儀姫異聞~』の世界を新たな視点で描く『真章』スタート!(フルカラー作品)

作品情報/動作環境

作品番号
BJ043977
ファイル名/ファイル容量
BJ043977.zip / 16.76MB (17578350Byte)

真・穢れた花嫁 ~言祝儀姫奇譚~2の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「真・穢れた花嫁 ~言祝儀姫奇譚~2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件